金欠を乗り切るためには携帯決済現金化が超便利!!

「給料日まであと10日、手元に3,000円しかない。どうしよう。」

「あの服欲しいけど値段高いし来月まで待たないと買えないなぁ。」

このような経験をしたことは誰にでもあると思います。

給料日までの資金繰りが大変だったり、欲しい洋服が高くて買えない。

そんなときに役立つサービスが携帯決済現金化です。

審査不要で即日利用できる携帯決済現金化は一部のコアなユーザーから絶大な人気を得ています。

そこで、まだ携帯決済現金化と言うサービスを知らない方に向け、携帯決済現金化とは一体どのようなサービスなのか、また、携帯決済現金化の利用手順について詳しく解説していきたいと思います。

ちょっとした資金繰りに役立つ便利なサービスですよ。

携帯決済ってどんなサービス?

携帯決済ってどんなサービス?

携帯決済とは、お使いのスマホやiPhoneに備わっている電子決済サービスです。

携帯合算払いとも言いますね。

仕組みを簡単に説明するとクレジットカードの携帯版とお考え下さい。

携帯決済とは「利用した代金を翌月の携帯電話料金と合算して支払うことのできるサービス」です。

この点においてはクレジットカードと似ていますね。

ただ、クレジットカードのような高額な枠ではないため、ちょっとした買い物やアプリの課金に役立つ決済方法です。

限度額については、各携帯会社毎に異なるため、下記を参考にして下さい。

ドコモケータイ払い

ドコモが提供する携帯決済は「ドコモ払い」になります。

決済枠については下記をご覧ください。

年齢 契約期間 設定限度額
19歳まで 10,000円/月
20歳以上 1~3ヶ月目 10,000円/月
20歳以上 4~24ヶ月目 30,000円/月
20歳以上 25ヶ月目以降 最大100,000円/月

契約状況によって設定可能額がことなるため、一度、ご自身の決済可能枠を確認するようにしましょう。

auかんたん決済

auが提供する携帯決済は「auかんたん決済」になります。

決済枠については下記をご覧ください。

年齢 設定限度額
~12歳 1,500円/月
13~19歳 10,000円/月
20歳以上 最大100,000円/月

契約状況によって設定可能額がことなるため、一度、ご自身の決済可能枠を確認するようにしましょう。

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクが提供する携帯決済は「ソフトバンクまとめて支払い」になります。

決済枠については下記をご覧ください。

年齢 設定限度額
12歳未満 2,000円/月
20歳未満 20,000円/月
満20歳以上 最大100,000円/月

契約状況によって設定可能額がことなるため、一度、ご自身の決済可能枠を確認するようにしましょう。

ワイモバイルまとめて支払い

ワイモバイルが提供する携帯決済は「ワイモバイルまとめて支払い」になります。

決済枠については下記をご覧ください。

年齢 設定限度額
12歳未満 2,000円/月
20歳未満 20,000円/月
満20歳以上 最大100,000円/月

契約状況によって設定可能額がことなるため、一度、ご自身の決済可能枠を確認するようにしましょう。

携帯決済を現金化するには?

携帯決済を現金化するには?

携帯決済を現金化する場合、業者に依頼する方法と個人でおこなう方法の2通りに分かれます。

そこで覚えておきたいのが、業者に依頼した場合、個人でおこなった場合のメリット・デメリットです。

それぞれの方法に対する良し悪しを理解した上で、どの方法で携帯決済を現金化するか選んで下さい。

個人で現金化する方法

個人で携帯決済を現金化する場合、換金性の高い商品を携帯決済を使って購入し、フリマやオークションに出品する流れになります。

こちらの方法に対するメリット・デメリットは下記の通りです。

個人で現金化するメリット

商品が売れた場合の利益が全て自分のものになる
業者を利用するより高く現金化できる

個人で現金化するデメリット

換金性の高い商品を見つけるのが大変
商品の受取や発送に手間が掛かる
即日で現金化することができない

専門業者を利用する方法

携帯決済の現金化専門業者を利用した場合のメリット・デメリットは下記の通りです。

個人で現金化した場合のメリット・デメリットと比較して見ましょう。

専門業者を利用するメリット

ネットからいつでも申し込みできる
即日対応が可能なためいつでも現金化できる
商品の受取や発送のような手間が掛からない

専門業者を利用するデメリット

個人で現金化した場合より利益が低くなる
悪質業者に騙される可能性がある

携帯決済を現金化するなら業者を利用した方が簡単で早い!!

携帯決済の現金化を業者に依頼した場合と個人でおこなった場合のメリット・デメリットについて説明させて頂きましたが、総合的に判断すると業者に現金化を依頼した方が便利だと言えます。

最大のポイントは即日対応してもらえることですね。

もちろん、金額重視の場合であれば、個人で携帯決済を現金化した方が間違いなくお得です。

ただ、換金性の高い商品を見つけるのが非常に大変で、尚且つ、商品の受取や発送に手間が掛かることを考えると、個人での現金化は躊躇ってしまいます。

しかも、即日で現金化することができないため、急いでいる方にとってはあまり役に立ちません。

メリット・デメリットから損得を考えると、携帯決済を現金化する場合は専門の業者を利用した方が良いでしょう。

オススメな携帯決済現金化専門業者を紹介

オススメな携帯決済現金化専門業者を紹介

トラブルの心配がなく、安心して利用できるオススメな携帯決済現金化専門業者を3サイト紹介します。

どちらのサイトも携帯決済現金化業界における老舗になりますので知名度も抜群です。

業者選びに困っているのであれば、この3サイトを抑えておけば間違いありません。

画像をクリックすると各業者のホームページを見ることができますので、是非、業者選びの参考にして下さい。

  1. 携帯キャリア決済現金化なら【クイックチェンジ】

    クイックチェンジ

    携帯決済現金化サービスをメインに提供している業者です。土日祝日も営業しているため使い勝手は非常に良いです。また、換金率も携帯決済現金化業界の中ではトップクラスの高さを誇っています。業者選びに迷っているならクイックチェンジを利用しておけば間違いありません。
  2. 携帯料金決済現金化 スマホ・キャリア決済現金化ならモバテン

    モバテン

    携帯決済現金化業者の老舗になります。もちろん土日祝日も営業しているためいつでも利用することができます。換金率についてもクイックチェンジと同様に高い設定となりますので安心です。ただ、混雑時は手続きが遅くなる傾向にあるためその点は注意が必要です。
  3. 携帯決済で現金化|即日振込専門店の【ソクフリ】

    ソクフリ

    換金率、振込スピードはクイックチェンジやモバテンに劣りますが、ソクフリも携帯決済現金化業界の中では有名です。口コミなどでも高評価を得ている業者なのでトラブルの心配もなく安心して利用できます。

携帯決済現金化の流れ

基本的な手続きの流れはどの業者も同じです。

難しい作業は一切必要ありませんので、誰でも手軽にサービスを利用することができます。

参考までに下記に手続きの内容をまとめてみました。

携帯決済を現金化する前に全体の流れを把握しておくと、よりスムーズに手続きをおこなえますよ。

STAP1 申込手続きをおこなう

ホームページにある申込フォームから必要情報を入力し送信します。

STAP2 担当者から折り返し連絡

担当者から折り返しのメールが届きます。

STAP3 業者が指定する商品を携帯決済で購入

折り返しのメールに指定商品が記載されているので、その商品を携帯決済を使って購入して下さい。

STAP4 商品を業者に買取ってもらう

指定商品を購入したら業者に買取ってもらいましょう。

STAP5 買取代金が振込まれる

問題なければ業者から買取代金が振込まれます。

金欠のときは携帯決済現金化が超便利

金欠のときは携帯決済現金化が超便利

以上、携帯決済の仕組み、携帯決済現金化が金欠のときに役立つ理由について説明しました。

クレジットカードのように決済枠が大きいわけではないので、ちょっとした資金繰りに役立つサービスだと理解して頂けたと思います。

ただ、携帯決済現金化を利用しなくていいならそれがベストです。

ですが、銀行や消費者金融からの借入審査が厳しい以上、資金繰りの手段としてこのようなサービスも存在していることを覚えておけば急な出費のときに役立ちます。

全ては使い方次第になりますので、金欠を乗り切る豆知識として携帯決済現金化と言うサービスを覚えておきましょう。