iTunes Storeでジャニーズの曲がダウンロードできない理由

いつでも手軽に利用できるiTunes Storeで気にいった音楽を購入しようと検索したら取り扱われていない…

有名なアーティストなのになぜ?

こんな疑問を抱いた方の多くはジャニーズの曲を探していた方ではないでしょうか。

今回は、なぜiTunes Storeでジャニーズの曲がダウンロードできないのか?その謎を解明していきましょう。

iTunes Storeでジャニーズの曲は取り扱われていない?!

iTunes Storeでジャニーズの曲は取り扱われていない?!

人気グループが多く所属するレコード会社といえばジャニーズ事務所です。

抱えるグループも多くそれだけの楽曲を持っています。

昔はCDが発売されると売り切れ続出なんて時代を経験しているジャニーズですが…

なぜかiTunes Storeジャニーズの曲が取り扱われていない!!!

新曲だけでなく、全ての曲が取り扱われていないんです。

iTunes Storeでジャニーズの曲が取り扱われていない理由

iTunes Storeでジャニーズの曲が取り扱われていない理由

iTunes Storeでジャニーズの曲が取り扱われていない理由はIT社会が進んだことも影響しています。

もし、iTunes Storeでジャニーズの曲をダウンロードできれば、そこから曲のコピーをおこない、無許可で販売できてしまいます。

要は、違法コピー、販売されてしまうと言うことですね。

もちろん、CDに関しても同じトラブルは起こります。

そうなってしまうと、売り上げにも多大な影響を及ぼしますよね。

このような被害を防止するため、違法コピーに関して様々な対策がとられるようになり、大半は回避できるようになりました。

そのため、楽曲提供をおこなう会社は安心してダウンロード販売できているのです。

それでもジャニーズ事務所が楽曲を提供しないのは何故なのか…?

それは曲の個別販売も売り上げを左右する大きな問題だからです。

新曲が発売され、その曲を買いたくてショップへ行くと当たり前のように1,000円を超える価格で販売されています。

今ではこの価格が高いと感じますが、昔からシングルCDは1000円+税込価格が妥当でした。

1曲の価格ではなく、そのCDには3、4曲入ってますからね。

ただ、消費者としては新曲だけが欲しいというのが本音でしょう。

この消費者のニーズに応えているのがiTunes Storeです。

iTunes Storeでは曲を単品でダウンロードできます。

単価も安いものだと150円、200円、人気の曲になると250円程でダウンロードできます。

欲しい曲が入っているからと約5倍前後のお金を出してシングルCDを購入するより、アカウントを持っていれば手軽に利用できるiTunes Store欲しい曲だけをダウンロードした方がお得ですよね?

わざわざ店舗まで出向く手間も掛かりませんし、CDの購入、曲のダウンロードそれぞれのメリット、デメリットを考えると、やはりiTunes Storeの方が消費者のニーズに応えていることは明確です。

実際、ダウンロード販売をおこなった方がその日の売り上げで考えた場合、間違いなくプラスになるのですが、一曲毎の単品販売を低価格でおこなうより今までの価格で…と望むのがジャニーズ事務所の販売方針なのです。

ジャニーズの曲がiTunes Storeで買えない理由を世界的に見ると?!

ジャニーズの曲がiTunes Storeで買えない理由を世界的に見ると?!

著作権の問題なども出てくることから、楽曲提供するかどうか大きな問題になっていますが、世界的にはどうなのか気になりますよね?

ジャニーズの販売方針は世界的に見てどのように映るのでしょう。

iTunes Storeの歴史

ジャニーズ事務所が楽曲提供しない理由、iTunes Storeでダウンロードできない理由について納得した方もいるかと思いますが、それにしてもジャニーズ事務所は断固として決断をなかなか変えません。

ここで少しiTunes Storの歴史を見ていきましょう。

iTunes StoreはApple社のアプリです。

簡単に理解するならApple製品内で音楽や映画が購入できるショップですね。

iTunes Storeが開発された初期の頃は今ほど利用者が多いわけではありませんでした。

しかし、もともと日本で当たり前にあるCDレンタルというものがない欧米に向けてサービス提供を始めたのが2004年6月。

この当初はイギリス、ドイツ、フランスの3ヵ国に提供しましたが、画期的なアプリとして爆発的人気を呼び始めます。

そこからまたたくまにiTunes Storeダウンロード数1億曲突破という数字を出しています。

この頃から日本のiTunes Storeへの興味は大きくなり、サービス開始を期待する声も大きくなりました。

ジャニーズだけじゃない!iTunes Storeに楽曲提供する難しさ

しかし、なかなか日本でのサービスが開始できなかったのも事実です。

今では大きく取り上げられるのはジャニーズ事務所になっていますが、当初はやはりジャニーズの販売方針と同じ方針で楽曲提供に頷く会社は少なかったのです。

iTunes Storeのサービスがどれだけ便利でも購入できる商品が少なければ消費者の満足度は低下します。

特に著作権問題には厳しいと言われる日本ですが、消費者としてはこのような曲の単品販売を首を長くして待ち望んでいたでしょう。

1997年に著作権法改正により、ジワジワと違法コピー問題なども抑制され始め、少しずつ楽曲提供する会社が増えてきました。

これは世界的に見てもかなり遅いタイミングになります。

それでもジャニーズの曲は購入できません。

ですが、それなりに欲しい楽曲を手軽にダウンロードできるまでになりましたね。

ただ、apple社のアプリとして手軽に満足いくサービスが受けられるかというと、そこまでの道のりは険しいものだと改めて気付かされます。

こうした理由を見ていくと…残念ながらジャニーズの曲がiTunes Storeで購入できるようになるには程遠いように感じます。

iTunes Storeでジャニーズの曲が取り扱われていないことについて

iTunes Storeでジャニーズの曲が取り扱われていないことについて

ジャニーズの曲がiTunes Storeで買えない理由は、売り上げ問題を左右する点からのジャニーズ事務所の販売方針が関係しています。

手軽にコストも抑えて手に入れたいものですが、ジャニーズの販売方針はなかなか変わらないかもしれません。

今現在、CDを購入するより欲しい曲をダンロードするのが一般的となっていますが、ジャニーズの曲がiTunes Storeで取り扱われるまで気長に待つしかないですね。