iTunesが立ち上がらない・起動しないときの対処法

iTunesは音楽や動画を再生したり、iPhoneを使ってる方であれば、データのバックアップや復元ができる便利なサービスです。

そのため、iTunesが使えなくなると困る方は多いのではないでしょうか?

今回は、パソコンをメインにiTunesを利用する中で、立ち上がらない、起動しないといったトラブルが起きた場合の対処法について紹介します。

iTunesが起動しない原因

iTunesが起動しない原因

iTunesが起動しない原因として以下のことが考えられます。

ご自身のiTunesがどのような状態なのかしっかり確認しましょう。

iTunesが最新バージョンではない

iTunesは頻繁にアップデートが実施されるため、古いバージョンでは起動できないことがよくあります。

そのため、お使いのiTunesが最新バージョンなのか常に確認するようにして下さい。

また、Windowsのアップデートをした後、iTunesが起動しなくなるということもあるため、Windowsのアップデートと同時にiTunesのバージョンを確認し、最新でなければアップデートして下さい。

コンピューターのOSが対応していない

iTunesのアップデートに伴い対応しないOSが出てきますので、古いOSを使っている場合は確認が必要です。

古いOSは、iTunesに限らず対応しなくなることが多いので、他のアプリが使えなくなることもあります。

できるだけ新しいOSにしておくことを心掛けましょう。

いつのまにかサービスが終わっていたということもありますので注意して下さい。

iTunesのファイルが破損している

パソコンの調子が悪く途中でフリーズしたりするとiTunesのファイルが破損することがあります。

iTunesが強制終了してしまい、その後、起動しなくなるという現象ですね。

iTunesが起動しなくなる原因としてこの理由が一番多いのですが、その原因は明確になっていません。

この場合、iTunesを再インストールして解決しましょう。

通信エラー

iTunes StoreやAppleサービスとの通信エラーが起こってしまい、iTunesが上手く起動できないことがあります。

この場合、しばらく時間をおいてからアクセスするか、一度、パソコンを再起動してからアクセスしましょう。

それでも改善されない場合は、アップデートの確認をおこなって下さい。

windowsでiTunesが立ち上がらなかったときの対処法

windowsでiTunesが立ち上がらなかったときの対処法

Windows PCを使っていてiTunesが起動しない場合は、以下3つの対処法を試して下さい。

多くのトラブルは以下の方法で解決しますので、状況に合わせて対処しましょう。

iTunesを再インストール

iTunesに限らず様々なソフトを再インストールすることでバグを直すことができます。

今現在、インストールしているiTunesを削除し、再度、iTunesをインストールすることがiTunesが起動しない対策として最も有効な対処法といえます。

iTunesのアンインストール方法は、コントロールパネルからプログラムのアンインストールを選んでいただき、Apple関連のプログラムを削除すれば完了です。。

これらのプログラムが完全に削除された後にiTunesを再インストールします。

Apple関連で削除するべきプログラムは以下の内容です。

iTunes
Apple software Update
Apple mobile device support
Binjour
Apple Application Support (32ビットと64ビット)

上記の5つのソフトウエアを全て削除することで初めてiTunesを削除したことになります。

iTunesだけを削除すれば良いというものではありませんので注意して下さい。

また、iTunesを削除しても音楽や動画などのデータは消えませんので安心して下さい。

データに関しては、Apple社のサーバーにアカウント別で保存されているため、ご自身のパソコンからiTunesを削除してもデータは残ります。

それでも不安な場合は、お使いのパソコンにフォルダを用意し、全てのデータをコピーしておくと良いでしょう。

セーフモードでiTunes起動

セーフモードを利用することでApple製品以外のスクリプトなどによる影響を避けることができます。

iTunesを起動するときに「shift」「Ctrl」を同時に押すことによりセーフモードでの起動が可能です。

セーフモードでiTunesが無事に起動できれば、iTunesの問題ではなく他のプラグインが関係しているため、その原因を探す必要があります。

iTunesプログラムを修復

iTunesを再インストールしなくても修復する方法があります。

アンインストールするときと同じようにコントロールパネルからプログラム、そして、プログラムのアンインストールと進みます。

ここでiTunesを選び右クリックすれば修復を選択することができます。

ただし、修復をしても起動しない場合は再インストールが必要となりますので注意して下さい。

MacでiTunesが立ち上がらなかったときの対処法

MacでiTunesが立ち上がらなかったときの対処法

Macの場合、Windowsとは違いデフォルトでiTunesが既にインストールされています。

そのため、Windowsとは対処法が異なりますので注意して下さい。

iTunesを終了

DockのiTunesアイコンを右クリックすることにより、一番下に「iTunesを終了」という表示が出てきます。

この表示をクリックすることでiTunesを一度終了することができます。

この後、もう一度iTunesを起動できるかどうか試して下さい。

iTunesをインストール

Windowsと違いMacにはデフォルトでiTunesがインストールされているため、アンインストールすることはできません。

アップル公式サイトからiTunesをダウンロードすることにより、現在インストールされているiTunesを上書きすることができます。

上書きしたiTunesが起動できるか確認して下さい。

セーフモードでiTunesを開く

Windowsと同じように、iTunesが起動しない理由が他の会社のプラグインやスクリプトに影響されているかを確認します。

セーフモードでiTunesを開くことにより他のプラグインやスクリプトの影響を受けないため、もしiTunesをセーフモードで起動することができれば、iTunesが起動できなかったのは他の会社のプラグインなどの影響が原因といえます。

Macでは「Command」「Option」を押しながらiTunesを起動して下さい。

セーフモードでiTunesが無事に起動できれば、Windowsと同じく他のプラグインが関係していることが考えられるため、その原因を探す必要があります。

これらの方法でもiTunesが立ち上がらない・起動しない場合

これらの方法でもiTunesが立ち上がらない・起動しない場合

上記で紹介した方法でもiTunesが立ち上がらない、起動しない場合、Apple正規サービスプロバイダーやApple Storeの直営店に相談をするしかありません。

いずれも予約することをお勧めいたします。

電話連絡をしたとき、担当者に「名前、電話番号、製品の製造番号」を聞かれるので、前もって準備しておくとスムーズに話を進めることができます。

製品番号とは、IMEIもしくはシリアル番号です。

また、画面を共有しながら担当者と話しを進めることもできるので「上手く状況を説明できない」といった方でも安心です。

iTunesが立ち上がらない・起動しないときはしっかり対処しよう

iTunesが立ち上がらない・起動しないときはしっかり対処しよう

以上、iTunesが立ち上がらない、起動しないときの対処法になります。

如何でしたでしょうか?

iTunesは、データの保存、共有を簡単におこなえる便利で使い勝手のよいサービスです。

そのため、トラブルが起きた場合には、なるべく早い段階で対処したいですよね?

今後、iTunesが立ち上がらない、起動しないといったトラブルが起きた場合、こちらの記事を参考に対処してみて下さい。