超便利!キャリア決済でiTunesコードが購入できる!

iTunesカードを購入したい場合、近くのコンビニやドラッグストアなどで買うこともできますが、裏面のラベルを削ってアカウントにコードを登録する作業が面倒ですよね。

クレジットカードであれば簡単に電子決済できるのですが、クレジットカードを持っていなければどうしようもありません。

そんなときは、ケータイ料金と一緒に代金の支払いができるキャリア決済でiTunesコードを購入するのがベストです。

一時期、キャリア決済でiTunesコードを購入することはできませんでした。

ですが、今現在、どの携帯キャリアでもiTunesコードを購入することが可能になっています。

ドコモ回線を利用していればドコモのオンラインショップで、auを利用していればauオンラインショップといったように各携帯キャリアが運営しているのオンラインショップで購入することができます。

ここでは、iTunesコードをキャリア決済で購入するための詳しい手順について紹介します。

iTunesコードの基本的な使い方

iTunesコードは、額面分の金額をApple IDにストアクレジットとして入金し、そのクレジットを使ってApple StoreやiTunes Storeで買い物したり、iCloudストレージをアップグレードすることができます。

キャリア決済でiTunesコードを購入した場合、基本的には自分のApple IDにオートチャージされます。

ギフトカードの購入が完了した時点で画面にiTunesコードが表示され、コードをクリックすることでオートチャージされる仕組みですね。

コードタイプはカードタイプと違い自分でコードを入力する必要がないのでチャージ作業に手間が掛かりません。

iTunesコード購入方法(ドコモ)

iTunesコード購入方法(ドコモ)

ドコモを利用している方は「ドコモオンラインショップ」からiTunesコードを購入できます。

ドコモ回線で契約中のスマートフォン、または、タブレットから購入手続きを進めましょう。

ドコモで利用するキャリア決済は「ドコモ払い」になります。

ドコモ払いとは、ネットショッピングの買い物代金やオンラインゲームのプレイ代金などを月々のケータイ料金と合算して支払うことができるサービスです。

ドコモのキャリア決済で支払いをおこなう場合、支払方法の選択画面でドコモ払いを選択しましょう。

ドコモオンラインショップでは、500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルのiTunesコードを購入することができます。

バリアブルとは500円~50,000円まで1円単位で金額を指定できるコードです。

ドコモ回線を利用しているスマートフォン、タブレットであればキャリア決済を利用できるのですが、回線がwifiになっている場合はキャリア決済を利用できないこともあるため注意して下さい。

iTunesコードを購入するまでの流れ

購入の流れは次の4ステップになります。

  1. 購入商品の選択

  2. dアカウントからログイン

  3. お支払い方法の選択

  4. 購入完了・チャージ

それでは各項目を詳しく見ていきましょう。

STAP① 購入商品の選択

利用したい金額のコードを選択します。または、500円から50,000円まで1円単位で好きな金額を購入することもできます。

STAP② dアカウントからログイン

dアカウントでログインし、セキュリティコードを入力します。セキュリティコードはSMSでケータイに送られてきます。

STAP③ お支払い方法の選択

案内に従って操作してください。支払方法ではドコモ払いを選びましょう。

STAP④ 購入完了・チャージ

注文完了画面からデジタルコードが表示され、デジタルコードをクリックするとオートチャージされます。

iTunesコード購入方法(au)

iTunesコード購入方法(au)

auを利用している方は「auオンラインショップ」からiTunesコードを購入できます。

au回線で契約中のスマートフォン、または、タブレットから購入手続きを進めましょう。

auで利用するキャリア決済は「auかんたん決済」になります。

auかんたん決済とは、auのスマートフォンやPC等で購入したデジタルコンテンツ・ショッピング等の代金を、月々の通信料金と合算して支払うことができるサービスです。

auのキャリア決済で支払いをおこなう場合、支払方法の選択画面でauかんたん決済を選択しましょう。

auオンラインショップで購入できるiTunesコードはドコモと一緒で、500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルになります。

バリアブルとは500~50,000円まで1円単位で金額を指定できるコードです。

au回線を利用しているスマートフォン、タブレットであればキャリア決済を利用できるのですが、回線がwifiになっている場合はキャリア決済を利用できないこともあるため注意して下さい。

iTunesコードを購入するまでの流れ

iTunesコードの購入は次の4ステップで完了します。

  1. 購入商品を選ぶ

  2. au IDからログイン

  3. お支払い方法の選択

  4. 購入完了・チャージ

それでは各項目を詳しく見ていきましょう。

STAP① 購入商品を選ぶ

500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルの中から好きな商品を選択します。

STAP② au IDからログイン

au IDとパスワードを入力しログインします。

STAP③ お支払い方法の選択

auかんたん決済で月々の電話料金と一緒に支払います。

STAP④ 購入完了・チャージ

画面に表示されたコードをクリックするとオートチャージされます。

iTunesコード購入方法(ソフトバンク、ワイモバイル)

iTunesコード購入方法(ソフトバンク、ワイモバイル)

ソフトバンク、ワイモバイルを利用している方は「ソフトバンクオンラインショップ」からiTunesコードを購入できます。

ソフトバンク、ワイモバイル回線で契約中のスマートフォン、または、タブレットから購入手続きを進めましょう。

ソフトバンク、ワイモバイルオンラインショップ

https://www.softbank.jp/online-shop/options/iTunes-code/buy/

ソフトバンク、ワイモバイルで利用するキャリア決済は「ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い」になります。

ソフトバンク、ワイモバイルのスマートフォンやPC等で購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、App Store、Apple Music、iTunes や、Google Play™ 上のアプリケーションなどの購入分を、月々の携帯電話のご利用料金とまとめて支払うことができるサービスです。

ソフトバンク、ワイモバイルのキャリア決済で支払いをおこなう場合、支払方法の選択画面でソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払いを選択しましょう。

種類についてはドコモやauと一緒で、500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルのiTunesコードを購入することができます。

バリアブルとは500円~50,000円まで1円単位で金額を指定できるコードです。

ソフトバンク、ワイモバイル回線を利用しているスマートフォン、タブレットであればキャリア決済を利用できるのですが、回線がwifiになっている場合はキャリア決済を利用できないこともあるため注意して下さい。

iTunesコードを購入するまでの流れ

ソフトバンク、ワイモバイルからiTunesコードを購入するには次の4つのステップが必要です。

  1. My SoftBankにログイン

  2. 購入する商品を選ぶ

  3. お支払い方法の選択

  4. 購入完了・チャージ

それでは各項目を詳しく見ていきましょう。

STAP① マイソフトバンクにログイン

マイソフトバンクにログインしてください。

STAP② 購入する商品を選ぶ

利用したいコードを選びます。バリアブルの場合、500円から50,000円まで1円単位で好きな金額を入力してください。

STAP③ お支払い方法の選択

「ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い」を選ぶことで月々の携帯料金と一緒に支払います。

STAP④ 購入完了・チャージ

購入完了画面に表示されたコードをタップするとオートチャージされます。

まとめ

iTunesカードは実店舗でも購入できますが、各キャリアのオンラインショップではコードタイプを購入することができます。

その際、キャリア決済での支払いになることを覚えておきましょう。

ドコモ、au、ソフトバンクのオンラインショップで扱っているiTunesコードは500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルの6種類です。

バリアブルは500円から50,000円まで1円単位で好きな金額を選ぶことができます。

それぞれ購入ページから案内に従うと最終的にコードが発行され、コードをクリックすることでオートチャージされますのでカードタイプより使い勝手が優れています。

オンラインショップでは不定期ですが割引キャンペーンもおこなっているので、少しでも安くiTunesコードを購入したいなら要チェックです。