不正アクセスを防げ!iTunesアカウント乗っ取り対策法!

最近では、パソコン、スマホ、タブレットからインターネットを使って様々なことができるようになりました。

しかし、インターネットの便利さに比例するように、第三者があなたのアカウントに不正アクセスし、情報漏洩やアカウントの乗っ取りをおこなうサイバー犯罪が急増しています。

今後、インターネットを利用していく上で、サイバー犯罪を未然に防ぐセキュリティ対策を必ずおこなう必要があります。

今回は、サイバー犯罪の中でもっとも被害に遭いやすいアカウントの乗っ取りについて詳しく説明させて頂きます。

不正アクセスの事例

不正アクセスの事例

フェイスブックやツイッターなどのSNSアカウントを乗っ取ることで個人情報を流出させたり、口座情報を乗っ取ることでインターネットバンキングから不正送金をおこなったり、アマゾンや楽天といったオンラインショップのアカウントを乗っ取ることで商品を不正に購入するなど、不正アクセスの事例は年々増えています。

その他にも、不正アクセスで得たデータを詐欺行為に利用する、また、サイバー攻撃へと発展させるだけでなく加害者にされることもあります。

また、個人情報を悪徳業者に買取ってもらうために不正アクセスをおこなっているハッカーもいます。

不正アクセスの手口

不正アクセスの手口

不正アクセスの手口は何種類もの方法が考えられます。

例えば、IDやパスワードの情報が漏れていなくても、それぞれの組み合わせが一致するまでひたすらログインを試行する方法です。

この方法は、サイトを攻撃するためのツールが使われることが多いですね。

ツールを使うことで6桁の暗証番号であれば1秒で思考することができるのです。

また、上記のような不正ログインを繰り返す方法以外にも、セキュリティの低い会員サイトなどにサイバー攻撃を仕掛けることで情報を漏えいさせることもできます。

個人情報を入力するサイトは、SQLという言語でデータ管理をしているのですが、ハッカーが悪意あるSQLを作ることで、データベースを不正に操作されてしまうことがあるのです。

不正アクセスの有無を確認するためには?

不正アクセスの有無を確認するためには?

不正アクセスというものは、被害が発生したあとに不正アクセスの事実を知る場合が多いです。

しかし、それでは被害回復できないこともるため、できるだけ早い段階で被害を確認することが重要です。

ウェブサイトの中には、これまでのログイン履歴を確認することができる機能が備わっていることがあります。

このログイン履歴を確認することで、身に覚えのないアクセスをいち早く確認することができます。

また、いつもと違う環境でログインをした場合、メールなどで知らせてくれるサービスもあります。

万が一に備え、セキュリティ対策はしっかりおこなっておいた方が良いでしょう。

iTunesアカウントの乗っ取り被害とは?

iTunesアカウントの乗っ取り被害とは?

最近ではiTunesアカウントの乗っ取りが増えています。

iTunesアカウントには、アプリ課金などで利用するための残高をチャージすることができるのですが、アカウントを乗っ取られたことにより、チャージ残高がなくなってしまうといった事例が起こっているのです。

他にも、iTunesを騙った偽のメールから高額アプリの請求をされることもあります。

使った覚えがないのであれば支払に応じる必要はありませんし、全て不当な請求であると判断できますので対策をおこなう必要があります。

iTunesアカウントが乗っ取られた場合の対策について

iTunesアカウントが乗っ取られた場合の対策について

iTunesアカウントが乗っ取られたと分かった場合、以下の対策を速やかにおこなって下さい。

パスワードを変更する

まず、一番簡単な対策としてパスワードの変更をおこないましょう。

パスワードを変更することで、これ以上の被害を喰い止めることができます。

しかし、パスワードを一文字だけ変更するなどの安易な対策では、更に被害が拡大してしまう可能性も考えられるため、大文字小文字を混ぜる、数字を混ぜるなど予測できないパスワードを設定することが大切です。

Appleサポートセンターに連絡

パスワード変更した後、必ずAppleサポートセンターに連絡して下さい。

iTunesが不正に利用された時などに承認請求を確認した場合、被害金額を返金して貰えます。

この後、一旦アカウントをストップし、再度、利用したい場合は、Appleサポートセンターにアカウント名やメールアドレスなどの情報を伝えることでiTunesアカウントの有効化が可能と判断されればアカウントが復活することになります。

iTunesアカウントが乗っ取られないために

iTunesアカウントが乗っ取られないために

iTunesアカウントの乗っ取り対策も重要ですが、iTunesのアカウント自体が乗っ取られないためにも以下のことを気をつける必要があります。

IDやパスワードを複雑にする

上記でも説明しましたが、誰にでも分かりやすいID、パスワードでは不正アクセスの被害に遭いやすいです。

そのため、ID、パスワードを設定する場合は、大文字小文字を組み合わせたり数字を取り入れるなど複雑に設定する必要があります。

また、複雑なパスワードだからといって他のウェブサイトも同じ設定にするような安易な行為はおこなわないようにして下さい。

万が一、情報が漏れてしまったら被害が大きくなってしまいます。

アプリ連携には十分な注意を

アプリを連携することでアカウントを乗っ取られてしまうことがあります。

安易なアプリ連携は乗っ取りへと繋がることを覚えておきましょう。

そのため、アプリを連携する場合は、そのアプリが信用できる運営元なのかを重要視して下さい。

個人が作ったようなアプリとは連携しないことをおすすめします。

個人情報の扱いは慎重に

個人情報を入力する際は慎重におこないましょう。

なりすましの被害に遭う恐れがあります。

特に「アカウント情報の更新をおこなって下さい」のような要求がメールで届いた場合には注意が必要です。

このようなメッセージを不正に送ることで個人情報を引き出し、アカウントを乗っ取るような事例が数多く確認できています。

怪しいメールが届いた場合、必ず送信元や届いた文面を確認し、それでも不安が残る場合はAppleサポートセンターに連絡するようにしましょう。

iTunesアカウントを守るために

iTunesアカウントを守るために

iTunesに不正アクセスされ、iTunesアカウントを乗っ取られてしまう事例が増えています。

そのため、少しでも乗っ取られたと思った時は、パスワードの変更やAppleサポートセンターに通報、連絡することをおすすめします。

また、乗っ取られないようにするために、パスワードを難しいものに設定するなど、普段から乗っ取りに対する意識を持つことが大切です。

一度アカウントを乗っ取られてしまうと、他のサービスへの被害が広がってしまうことも考えられるので十分に注意してください。