キャバクラ通いで金欠の人必見!給料日まで乗り切る秘策!キャリア決済現金化をフル活用!

登場人物A

ヤバい・・・今月キャバクラに通いすぎた。どうしよう・・・

キャバクラに通う人が抱えるお金の悩みで一番多いパターンですね。

お気に入りの女の子を口説くためにお店に通う気持ちは分かります。

ですが無理してお店に通いすぎると、アッという間に金欠に・・・

キャバクラに通うのはいいですが自分の生活も考えなければいけません。

もし今現在お金に困っているのなら、キャリア決済を現金化してみては如何ですか?

キャバクラの会計は現金、クレジットカードのどちらかで支払いますよね?

現金で支払えば手持ちのお金がなくなりますし、クレジットカードで支払えばショッピング枠が減っていきます。

またクレジットカードのキャッシング枠は手軽な金策として利用しやすいことからすでに使っているでしょう。

そんなときどうすればよいのか?

ここで役立つのが「キャリア決済現金化」というサービス。

言葉通り「キャリア決済枠を現金化できるサービス」なのですが、そもそも携帯電話に備わっているキャリア決済を日常生活で利用する機会なんてあまりありませんよね?

そのキャリア決済を一時的な資金繰りとして利用できれば便利じゃないですか?

そこで今回は、金欠で困ったときに役立つキャリア決済現金化について詳しく解説していきます。

また男がキャバクラにハマる深層心理についても触れていきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

キャバクラってどのくらいお金かかるの?お店の料金システムを把握しよう

キャバクラに行こうと思っても、実際どれくらいのお金を持っていけばいいのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか?

基本的に1回の来店で5,000円から10,000円もあれば十分ですね。

キャバクラってどのくらいお金かかるの?お店の料金システムを把握しよう

しかしキャバクラには独自の「追加システム」があり、気を抜けばあっという間に高額請求されてしまう可能性も十分考えられます。

お小遣いの範囲内で遊ぶことも可能ですが、気に入った女の子に出会ったときは・・・

とにかくお金がかかります。

最初から飛ばし過ぎてお金を使ってしまうと、後から金欠になって苦しい思いをすることもあるでしょう。

上手に遊ぶためには、事前に料金システムを理解しておくことが必須。

まずはキャバクラの料金システムについて詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

セット料金

料金に関してはピンキリですが相場としては1セット5,000円です。

入店後、席に座ってから60分を1セットとします。

ですがその他にも、多面に渡って「別料金」が発生するため、料金システムをしっかり把握していなければあっという間に10,000円超え。

会計時に焦ってしまうような金額になることも珍しい話ではありません。

安いお店では1セット2,000円前後の金額で入れるお店もありますが、多くの場合そのほかの追加料金が高めになっている傾向が見うけられます。

安すぎるお店も「会計時には相場並みのお金はかかる」という認識の方が良いですね。

女の子のドリンク料金

セット料金には飲み物(ハウスボトル)も付いてくるので、お酒の種類を選ばず他に何も注文しなければ1セットの料金だけで済みます。

ですが席に着く女の子は、必ず満面の笑顔で「何か飲んでも良いですかぁ?」と、ビールや割りものなど何かしらの飲み物を要求するでしょう。

これが1杯1,000円程度です。

グラスのワインやシャンパンなど、高価なお酒になると2,000円から3,000円になるので要注意。

女の子が頼んだ飲み物はセット料金とは別料金になるので、その場でセット料金をオーバーします。

女の子はお客の支払う会計の一部が自分のお給料に反映されるシステムになっているため追加オーダーに必死。

飲み物をおねだりされて拒否すると女の子の気持ちは一瞬にして冷めてしまうでしょう。

接客レベルを落とされてしまいます。

指名料(場内指名・本指名)

気に入った女の子を自分の席に呼ぶことを「指名」といい、指名することで「指名料」が発生します。

指名には2種類あり、お店に入ってから気になる女の子を指名する場合は「場内指名」

1,000円から3,000円の指名料が発生します。

2回目以降の来店時に特定の女の子を指名する場合は「本指名」となり、2,000円から3,000円の指名料が発生します。

指名をしなければ数人の女の子が定期的に席に付いてくれます。

「たくさんの女の子と話せて得じゃん!」と思うかもしれませんが、「お仕事は何されているんですかぁ?」など、毎回繰り返される同じような挨拶会話に期待は何も持てません。

それどころか指名をしないお客はキャバ嬢たちに嫌われ、適当な接客しかされないため、本当の意味でキャバクラを楽しむことはできないでしょう。

延長・同伴料金

延長・同伴料金とは気に入った女の子と長い時間一緒にいるために発生する料金。

1セットが終了しても女の子を指名したまま2セット目に突入する延長、女の子の出勤前に一緒に食事などのデートをしてそのまま来店する同伴、ともに3,000円から5,000円の料金がかかります。

同伴や延長をすることで女の子はノルマもこなせますし、自分のお給料も上がるので当然喜びます。

ただし延長時の飲み物代、同伴時の食事代などはすべてお客負担になるため、「セット料金以外の時間を一緒に過ごす対価」としては、最低でも10,000円ほどの費用がかかると考えておいた方がよいでしょう。

ボトル料金

安い焼酎で3,000円あたりが相場のボトル料金。

高いワイン、ウイスキー、シャンパン、ブランデーになれば数万円から数十万円単位のものまで常備されています。

女の子からあまりいい顔はされませんが、最初に3,000円から5,000円のボトルを入れてしまい、席に着く女の子と一緒に飲めば追加のドリンク代を節約できるのでお得です。

使い方次第ですね。

サービス料金

日本の接客サービスの多くは表示金額の中にサービス料が含まれています。

しかしキャバクラは別。

ボーイやその他すべてのサービスに対する料金として、かかった費用の15パーセントから20パーセントがサービス料名目で加算されます。

「詐欺じゃないか!」と思うかもしれませんが、海外だとサービス料は最後の合計金額に対してチャージされるシステムが主流です。

このシステムは受けたサービスの対価として合計金額から算出する方法。

特別な接待となるキャバクラのシステムに見合っているとして取り入れているお店がほとんどになります。

消費税

税込みと表示しているお店もありますが、多くのお店は別表記にしています。

キャバクラではサービス料を含めた総合計金額に対して消費税が発生。

税金が上がれば上がるほどキャバクラ通いにも大きく響いてきます。

数パーセントの消費税でも数万円単位のお金になってくるとかなりの痛手になりますよね。

今現在の消費税は8パーセントですが、これから法案が変わり消費税が10パーセントに上がったとき、金欠になってしまうお客さんも間違いなく増えてくるでしょう。

キャバクラに通う心理とは?本能には逆らえない男の美学!

キャバクラに通う心理として一番大きい割合を占めるのが、「綺麗な女性、可愛い女性と関係を持ちたい!」この下心1つにつきます。

キャバクラに通う心理

キャバクラ遊び初心者でも慣れている人でも、とにかくキャバクラに通う男性のすべては心の中で「体の関係」を意識するもの。

実際行動におこさなかったとしても、また態度に表さなかったとしても、下心がなければキャバクラ通いをすることはありません。

登場人物B

通い続けることで・・・いつか、どこかでチャンスがあるかもしれない・・・

このような小さな希望を胸に抱いているもの。

魅力的な女性とたくさん関係を持ちたいと思うのは男性にとって当たり前です。

登場人物C

あの子タイプなんだよなぁ。一回でいいからヤリたいなぁ・・・

登場人物D

若くてかわいい女の子とエッチしてみたいもんだね。

このように思う男性の思考は無意識にも遺伝子レベルで組み込まれている本能です。

どんなに素晴らしい家庭があっても、魅力的な彼女がいても、それでも魅力ある他の女性に気が向いてしまうことは、もはや「男の美学」とでもいうべき男性の本能なのです。

周囲からは「馬鹿げている」と非難され、自分のステータスを崩してでもお金をつぎ込んでキャバクラ通いをする男性には、ある意味「真の男の美学」があると言えるでしょう。

キャバクラで女の子を口説くにはお金が必要!キャバ嬢を口説くための必要な聖杯とは?

毎日たくさんのお客を接客しているキャバ嬢たち。

お金持ちから一般的な収入の人、金欠でも必死に通っている人、イケメンにブサメンなど、とにかくたくさんの男性に出会っています。

そんなキャバ嬢を本気で口説きたくなったらどうしますか?

答えは簡単。

とにかくキャバ嬢の気を引くことです。

キャバクラで女の子を口説くにはお金が必要!キャバ嬢を口説くための必要な聖杯とは?

外見を意識して男に磨きをかけること、聞き上手になってキャバ嬢の癒しの存在になることなど、男女の恋愛で使うようなテクニックを使ってもほとんどのキャバ嬢は口説けません。

キャバクラで働く女の子は、キャバクラで働く最大の目的である「お金」を出してくれる男性に最も魅力を感じるからです。

キャバ嬢の気を引くためには兎にも角にもお金が必要。

気に入った女の子と一緒にいるだけでお金が発生するキャバクラでは、口説くための時間にもお金が発生します。

さらに本気で口説きたいと思うのであれば、定期的にプレゼントを用意したり、彼女の売り上げに繋がる聖杯「高価なボトル」を入れてアピールしなければ、「お客を超えた関係」になることは皆無だと思ってください。

キャバ嬢が喜ぶことをしなければ口説くためのアピールにはならないのです。

セット料金に加え本指名、ボトル、延長、そして同伴やアフターの食事代にその他のプレゼント。

キャバクラ通いをしてお気に入りのキャバ嬢を口説こうと考えているのであれば、このように相当なお金が必要になることを覚えておきましょう。

1回の来店時に数万円が飛ぶこともよくある話。

キャバクラ通いをするにしても、よほどお金に余裕がある人でない限り、常に「お金の算出」、「やり繰り」が求められるようになってくるでしょう。

キャバクラ通いで金欠。それでもキャバクラ通いを辞められない悲しい男の性

お金がないにも関わらず、キャバクラ通いがやめられなくなってしまう男性は数えきれないほど存在します。

キャバクラ通いで金欠。それでもキャバクラ通いを辞められない悲しい男の性

「特定のキャバ嬢に本気になってしまったタイプ」、「キャバクラでチヤホヤされる時間が癒しになっているタイプ」と大きく2パターンに分かれますが、どちらも根本には「寂しがり屋」という本質があります。

キャバクラの持っている煌びやかな独特の雰囲気と、華やかな女性たちに接待をされる現実離れした空間。

実社会から「現実逃避」として逃げ込む人も多いですね。

キャバクラ通いを辞められない典型的な人たちです。

接客の一環として男性の自信を保ってくれるキャバクラには、お金が無くなっても通い続けたくなる・・・

そんな男心を掴んで離さない魅力があります。

お店のスタッフによって管理され、気軽に中を覗けないような閉鎖的な空間にも安心感を覚えるのでしょう。

もっと深層心理を突けば「多くの女性にモテたい」、「自尊心を満足させたい」、「魅力的な女性と関係を持ちたい」という男性特有の本能が、「悲しい性」となって表れている結果、どんなに金欠になっても男の願望を満たしてくれるキャバクラ通いを辞められないという大きな原因になっているのです。

金の切れ目は縁の切れ目。お店に来ない客は客じゃない!当然シカトされます!

「金の切れ目は円の切れ目」悲しいですがこれが現実。

お店に通っている間はまるで恋人のように接してくれる女の子も、お金が無くなればガラリと態度が変わります。

営業メールが来ても金欠でいけないとき、1回から2回程度であれば「私のために無理しないでね。」と優しい言葉をかけてくれるでしょう。

しかしそれは、お金が入ったときにお店にきてもらうための「繋ぎ」の言葉でしかありません。

本格的にお金がなくなってお店に通うことができなくなればジ・エンド。

金の切れ目は縁の切れ目。お店に来ない客は客じゃない!当然シカトされます!

お店の外で「タダ」で会ってくれるキャバ嬢は間違いなくいません。

今まで毎日のように届いていたメールもピタリと止まってしまいます。

こちらからいくらメールを送っても完全スルーされてしまうでしょう。

「自分は特別」だと思えるのは、お金を持ってお店に通えている間だけなのです。

キャバクラで働く女の子の目的は「お金」だけ。

自分の売り上げが上がってなんぼの世界。

指名ノルマ、同伴ノルマをクリアできなければどんどん時給が下げられるシビアな世界なので、お店に来てくれない人は「お客」ではありません。

お気に入りの女の子にお金が底をついたことがバレてしまえば、容赦なくすぐに切り捨てられるでしょう。

お金のない人にかける時間は1分1秒すら無いのですから。

キャバクラにいきたいけど金欠。そんなときこそ活用したいキャリア決済現金化!

登場人物E

キャバクラに行きたいけどお金がないから行けない・・・

登場人物F

キャバクラでカード使いすぎた・・・どうしよう・・・

キャバクラ通いする人の定番ともいえるお金の悩みですね。

キャバクラの支払いにカードを使っている人は決済枠がパンパンで現金を工面するしかない、現金主義の人はキャバクラに通うための軍資金が足りないといったように、お金のやり繰りに頭を抱えていると思います。

ですがそんなときに限ってお気に入りの女の子から、「今日お店来てほしいなぁ。ダメ?」なんて連絡が届くものです。

登場人物G

お気に入りの女の子に会うためにキャバクラに行きたい。でもお金がない・・・

こんなときは体がウズウズしますよね?

それもそのはず。

気に入った女の子に会いたいと思う気持ちは男の本能なのですから。

そんなときに役立つサービスとしてキャリア決済現金化があります。

キャリア決済現金化とは、大手携帯電話会社(ドコモ・au・ソフトバンク)が提供するキャリア決済枠を即日現金に換えることができる資金繰りの最終手段。

キャリア決済の枠は最大100,000円までとなっているため、クレジットカードのように高額決済はできませんが、それでも一時的な資金繰りはおこなえます。

ちなみにモバイルナビでおすすめするキャリア決済現金化業者は「クイックチェンジ」。

携帯キャリア決済現金化なら【クイックチェンジ】

携帯キャリア決済現金化なら【クイックチェンジ】

URL:https://quick-change.info/

理由はこちらで解説済みです。

キャリア決済なんて普段あまり利用しませんよね?

その決済枠を一時的な資金繰りとして利用できるなら使わない手はありません。

登場人物C

キャバクラに通いすぎて生活費が足りない。それならキャリア決済を現金化して生活費を工面しちゃえ!

登場人物D

今月あと一回だけキャバクラに行きたい。でもお金がピンチだからキャリア決済を現金化しよう!

このようにキャリア決済現金化は一時的な資金繰りとして非常に優秀なサービスなんです。

もし今現在、キャバクラ通いで資金繰りに頭を悩ませている人がいるのなら、キャリア決済現金化を利用するのも一つですよ。

モバイルナビ編集部
モバイルナビ編集部
モバイルナビ編集部は携帯キャリア決済現金化に関するさまざまな情報を発信していきます。また「この情報間違ってるよ。」「この内容だと分かりにくい。」などのご意見が御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。次回の更新時に修正させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。